テキストリンク
テキストリンク

退職金と失業保険を2倍もらう!?!(結婚退職は・・・)

退職金と失業保険を2倍もらう!?!(結婚退職は・・・)

退職しましたか???

あなたは???

退職する前にちょっとまって下さい。

この話しを聞いて下さい。

退職金と失業保険がこんなにもらえます!!!


「お前、俺をバカにしてんの?」
私が、「失業保険をすぐもらうことなんか簡単だ」と言ったときの先輩の反応です。
あまりにも信じがたいことなので、思わずこんな言葉が出たそうです。

しかし2ヶ月と3週間後、彼は会社を辞め、次の月から失業保険を受け取り始めました。

失業保険と退職金の上乗せ分の合計は102万5,110円。
会社の言いなりで辞めていたら、この102万5,110円を損するところでした・・・


このサイトは失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法をお伝えしています。
(もう会社を辞めてしまった・・・という方はこちらをご覧ください)
失業保険と退職金を2倍もらう。そんなことができるのでしょうか?

会社都合退職をすれば、それは可能です。そして
会社都合退職 して、失業保険を翌月から受け取ることはとても簡単なのです。

失業保険と退職金を2倍もらう!

退職手続き(雇用保険被保険者証をもらう)

退職手続き(雇用保険被保険者証をもらう)

退職手続き(雇用保険被保険者証をもらう)について、今回は説明します!

退職手続きは面倒だとおもわれるかもしれませんが、
ほとんどの会社では、退職手続きは庶務さんがやってくれてます。
しかし、書類は自分で書く項目がありますので、
しっかりと理解してから書きましょう!

退職する1週間ぐらい前に、手続きをします。
そこで、入社後、会社から配布されたものも返却を求められます。
そして、今まで会社で入っていた健康保険の脱退手続き、
厚生年金基金の手続きなどなど、諸手続きをします。
この時に退職願と誓約書を書かされます。
このときに「雇用保険被保険者証」が発行されます。
これは雇用保険を受けるときや、新たに転職する会社に提出するのに必要なので大切に保管しておいてください。万が一、なくした場合は再発行してもらってください。

雇用保険被保険者証は退職してから、必要となる場合もありますので、なくさないようにしましょう!

勉強になりましたか〜!!!

退職の手続き(国民健康保険と任意継続被保険者制度 )

退職の手続き(国民健康保険と任意継続被保険者制度 )

退職の手続き(国民健康保険と任意継続被保険者制度 )について今回は説明します。

これらの手続きは面倒だし、ややこしいですよね。
しっかり、勉強して下さい。

簡単にまとめますと、
退職すると今まで加入していた健康保険からは脱退します。
転職先が決まっている場合は、入社と同時にその会社が加入する健康保険に入れますが、失業して転職活動する場合は、自分で手続きして何らかの健康保険に加入することになります。
その選択肢は2つあります(国民健康保険か任意継続被保険者制度)。どちらが有利かはケースバイケースです。納付する保険料や保険給付の必要性を考えて検討してください。なお40歳以上の人は介護保険も加算されます。

私が転職したときは任意継続被保険者制度を選択したのですが、
結構、毎月の支払いが高かったです。
確か、毎月2万円くらいずつ払っていました。。。
痛かったです。


◆国民健康保険
自営業者を対象とした健康保険ですが、失業中の人も加入できます。保険料は前年度の収入により異なり、医療費の本人負担は3割です。退職日の翌日から14日以内に居住地の市町村役所・役場で手続きします。離職票・健康保険被保険者資格消失証明書など、会社を退職したことを証明する書類を持参してください。


◆任意継続被保険者制度
退職日まで2ヶ月以上健康保険に加入していれば、退職後2年間に限り、それまで加入していた健康保険の適用が受けられます。医療費の本人負担は3割と国民健康保険と同様ですが、傷病手当金や出産手当金など国民健康保険にない保険給付が受けられるのがメリットです。ただし保険料は会社負担分も個人で負担するため、在職中の2倍になります。手続き期間は退職日の翌日から20日以内で、居住地を管轄する社会保険事務所か、会社が加入していた健康保険組合に申請書と住民票を提出します。扶養家族のいる人は、被扶養者届も必要です(書類は組合にあります)。

勉強になりましたね〜!!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。